トップ / 通販の重要な特定商品取引法

通販の重要な特定商品取引法

通販の知識を得よう

サイト運営

通販の運営で勉強について

通販の運営では、特定商品取引法の勉強をしなければいけません。特定商品取引法を知らないと、クーリングオフなどの対応ができなくなります。それができないと、逮捕される危険性もあるのです。ただ、クーリングオフを一方的に行われてしまうと、運営に支障が出てきます。そのため、なるべくクーリングオフができないように、法の網目を使って、行う必要があります。例えば、長文のアンケートを書かせ、それでないとクーリングオフに応じないなどの対策です。通販には勉強が必要です。そうした日々の生活で得る知識が、これからの経営に響くのです。

サイト運営時の注意点

運営通販サイトを運営する際には、特定商品取引法についての勉強をすることが大切です。この法律は販売者が守るべきルールと消費者を守るルールを定めたものです。販売者の連絡先やクーリングオフについての規定などサイトに表示すべき項目のほか、誇大広告の禁止や未承諾者への電子メール広告の禁止など通販における規制事項が定められています。これらが守られないと消費者とのトラブルにつながるだけでなく、業務改善指示や業務停止命令などの行政処分の対象になります。サイトを開設する前には、特定商品取引法について十分勉強しておきましょう。

↑PAGE TOP